FC2ブログ
2013.06.25

Rue de l'Esperance エスペランス通り ゆるやかな丘の午後

ビュット・オ・カイユのメインストリート、ビュット・オ・カイユ通りを歩いてゆくと、自ずとエスペランス通りに入ってしまう。通りが丘の頂上で名前を変えるのだ。
その通りにあった、何気ない、いつもの自転車風景。
木の扉に白壁のアパルトマン。
パリでは定番の白の折りたたみ鉄のバル。木ではない。
パリの道
日本の住宅街が外国人に新鮮なように、パリの、純でいる人たちにとっては、なんてことは無い風景に、パリらしい空気がある。
この通りに、何となくけだるい日差しが似合うのは、丘の南斜面の緩やかな坂道であるからかもしれない。

スポンサーサイト