FC2ブログ
2012.11.04

アヴランシュに司教聖オベールを訪ねる

アヴランシュの街中に、一本塔の教会がある。
Basilique Saint-Gervais d'Avranches サンジェルヴェ聖堂である。
ここに入って右にすぐ宝物部屋がある。
アヴランシュ
アヴランシュは、言ってみれば、モンサンミシェルの本家本元の場所。
そうは言っても、ここを訪れる観光客は少ない。
なにしろ、あの威容を見て、訪れることが目的であるから、オベール司教という存在自体、知らなくても充分感動できるからでもあろう。
パリのモンマルトルのサクレクール寺院と、モンサンミシェルは、真下からと、登った上からテラス写真の最も撮られた教会のフランス双璧であろうと勝手に想像する。
アヴランシュ
モンサンミシェルの中をめぐって階段を下りてゆくと、オベールの上に堂々と立つ大天使ミカエルの彫像がある。
このオベール司教は、多くの写真に撮られたろうが、実は、このご本人様が、このアヴランシュの教会にいるのである。
キリスト教にでなくとも、歴史や写真に興味のある人には、ちょっと寄ってみたくなる街なのである。
スポンサーサイト