FC2ブログ
2012.09.27

ノルマンディ・ヴィールのパンダ

ヴィールという街は、第二次大戦の爆撃によって多くを失った街。
街にある教会にも、写真が展示されている。
それでも、ところどころに古い遺構が残っている。戦争の遺骸でもあるのだろうから、二重の遺産ということにもなろう。
ヴィール
そんな街を観光局でもらった地図を参考に散歩してみる。
ルートも終わりに近づいたとき、サント・アンヌ教会の前にパンダが現れた。
こんな物を見てしまえば、条件反射でカメラを構えてしまうというものだ。
いつも、この絵柄ではないようで、法然院の砂絵のヴィール・バージョンというわけだ。
スポンサーサイト