FC2ブログ
2012.09.10

アヴランシュ 塔の上からモン・サン・ミシェルを眺める

インターネットでアヴランシュとモンサンミシェルを調べてゆくと、植物園からモンサンミシェルが見えるという事が分かってきた。
その情報を持ちつつ、アヴランシュの観光局で地図をもらいに行く。
もちろん、その他の観光情報を得るのが目的で、これは、ルーティン作業。
すると、そこの塔の上から、モンサンミシェルが見えますよ!とのこと。
アヴランシュ
宿へ行き、荷物を置き、植物園へ行ったなら、次は、ご飯を仕入にスーパーへ行きつつ、その、塔とやらを目指す。上空に旗がはためいているので、見失う事は無い。
誰も登っていなそうな、薄暗い階段を昇ってゆく。
アヴランシュ
面白いものだ。
ノルマンディとか、アキテーヌというのは、どちらも英国王室と深いつながりがある。
で、赤に黄色のライオン?らしき動物が1匹の旗がアキテーヌ、2匹だとバス・ノルマンディ、3匹だとオート・ノルマンディの旗になる。
その他、ユーロの旗とフランスの旗だ。
アヴランシュ
さて、肝心のモン・サン・ミシェル。
見える見える。
アヴランシュの街の建物の向こうにしっかり夕焼けに染まった空の下にシルエットが見える。
植物園から、ドーンと見えるのもいいのだが、手前の建物が入るのもまたそれはそれでよろしい。
月の写真と一緒に違いない。
アヴランシュ
見渡せば、アヴランシュの街が見える。
夕焼けが当たるまぶしい教会は、司教オベールがいるサン・ジェルヴェ聖堂。
アヴランシュ
ノートルダム・デ・シャン教会のお尻に刺さったら痛そうな尖塔付き塔と教会の横姿もしっかり見える。
スポンサーサイト