FC2ブログ
2012.09.08

Avenue Daumesnil ドメニル大通りの廃線橋

ドメニル通りといえば、バスティーユ広場の南からグイグイ延びる12区の大動脈。
ここを今は緑地になっている東部鉄道会社の廃線跡公園、クーレ・ヴェルト(プロムナード・プランテ)が通っている。
その廃線高架の下にブティックが建ち並び、これを歩いてゆけば、12区の区役所に到達する。
パリの道
ここから、レピュブリック広場より移設されたと言う噴水のある、フェリックス・エブエ広場を通り、パリ郊外を目指す。
すると、鉄橋にである。
これも廃線跡。といっても、こちらは、プティット・サンチュール(パリ環状線)の鉄橋跡である。
パリの道
今は、この規模の鉄道橋としては、豪勢レトロな雰囲気の橋の向こうに、この下を通るメトロの黄色いMマークが見える。そこを、新しきパリ環状線トラムT3がまもなく走る予定だ。
パリの道
トラムが橋っても、この廃線跡、一服の絵として、残って欲しい物ですなぁ。
シャルル5世、フィリップ2世と続く城壁建設も、パリを丸く囲むもの。
この廃線も、パリを囲むと言う意味では、同じかもしれません。
城壁遺構が遺産であるように、時代が違えど、これも遺産。
スポンサーサイト