FC2ブログ
2012.08.29

サン・ジャン・ピエ・ド・ポール シタデル上からの眺め

シタデル通りを登りきると、シタデルがあるわけだが、通りの頂上からさらに登ることになる。
登りきれば、城塞の使用目的の一つでもあろう見張り台の役目がなされる場所でもあるわけだから、四方八方眺めは良い。
サン・ジャン・ピエ・ド・ポール
巡礼者の通り道であるだけでなく、軍隊の通過点でもあったこの町の城塞。
眺めることができる、盆地というにはあまりに狭い、牧歌的な谷間を、満喫することができる。
往時、シャルルマーニュも、ここに登ったのかもしれぬ。
サン・ジャン・ピエ・ド・ポール
この場所に、ハリーポッターに出てくるような想像上の動物たちが、行き交いするように、当時の武勲詩の作者は思ったのかもしれない。翼があったなら、そう思わせる厳しい行軍だったのかもしれない。退却するシャルルマーニュとフランク軍がこの谷をヒタヒタと埋めていた・・・そう思いながら風にあたるのもいい。
サン・ジャン・ピエ・ド・ポール
それにしても、北の国と違うのは、屋根の傾き度であろう。
それが、バスクらしい建物の顔を作っているようだ。
スポンサーサイト