FC2ブログ
2012.06.02

ジェノヴァ・ピアッツァ・プリンチペ駅

母を訪ねて3000里のマルコ出身地である。ジェノヴァ。
三浦和良選手も所属したサッカーチームのある街でもある。
ミラノから、フレッチャビアンカにのって、ここへ到着する。
列車の中のフランチェスカ母娘ともここでお別れである。彼女達は、きっと、ローマへ向かうのだろう。
ジェノヴァ・ピアッツァ・プリンチペ駅
ここで乗り換えると、一路、フランス国境手前のヴィンテミリアを目指すことになる。
最後のイタリアの地といえるほどではないが、まあ、記念に、駅の写真でも撮っておくか!とラーメンどんぶり上部のような駅の屋根を撮って置く。
ジェノヴァ・ピアッツァ・プリンチペ駅
その、ラーメンどんぶりデザインの向こうの丘の上のアパート群と一緒に駅の雰囲気をもう一枚。
ジェノヴァ・ピアッツァ・プリンチペ駅
やがて、ヴィンテミリア行きの列車が入ってくる。
しかし、この列車、暖房効きすぎで、めちゃくちゃ暑いのである。
ジェノヴァ・ピアッツァ・プリンチペ駅
暑いなぁ、、、なんとなく我慢していると、となりのボックス席に座っていたおばあちゃん達が、盛んにデッキへの扉をあける。
あければ、少々外の空気で涼しくなるのだが、この扉が、すぐに閉じてしまうのだ。
海沿いの車窓はきれいであるが、列車の中は、2月の猛暑である。

最後は、こちらのスーツケースで、扉が閉まらないよう固定。
おばあちゃんのOKサインと共に、こちらも夢の中へ。
一路、国境を目指す。
スポンサーサイト