FC2ブログ
2012.01.12

トゥールーズ Prairie des Filtres プレーリー・デ・フィルトル

トゥールーズのポンヌフをわたった場所に、河岸緑地帯が広がる。
ここを、プレーリー・デ・フィルトルという。
トゥールーズ
訪れたのは、夕方近くであったから、全体的に赤みの差す時間帯である。
秋とはいえ、10月だと、さすがにまだまだ緑濃い。
トゥールーズ
3枚の写真はいずれも同じ時期に別のカメラで撮影しているのだが、それぞれ色がまったく違う。
もっとも、この当時、一番上と一番下はデジカメではなくフィルムカメラで撮影したものなので、空港セキュリティーの赤外線かぶりがあるのかもしれぬ。
トゥールーズ
フィルムカメラの時代は、フィルムよって発色が違い、あれがいいとか、これがすきとか、あったものだが、デジカメも機種によってだいぶ違うようだ。とはいえ、一台のカメラで複数のフィルムを試すということはできぬ。
ただ、その場で、失敗写真かどうか?わかったり、海外へ行くたびに多量のフィルムを連れて行かなくてよくなっただけでも、隔世の感である。
フィルム代と、スーツケースの中を陣取るフィルムの山が、懐かしく感じたりするのだ。
スポンサーサイト