FC2ブログ
2012.01.10

オルベックの教会を望む

まずは、教会裏手の水車小屋付近からの鐘楼。
この教会がシンボルなのだろう。
別にキリスト教徒でもなければ、ここの住人でもないが、東京に住んでいると、東京タワーを探すように、富士山を探すように、この鐘楼を探してしまうものだ。
ひとにとって、高い建物、高いものは、何か霊的な存在として映るのかもしれない。
オルベック
教会裏手の石壁と街灯と教会。
オルベック
教会の左側の少し小高い丘になっている部分の住宅街から。
可愛らしい家々に、おさまりがよい。
オルベック
地層のように出来上がった壁。
その壁から、少し恥ずかしげに顔を出す鐘楼。
オルベック
おとぎ話のレンガの家をちょっと想像する古めかしい建物の脇の控えめな教会。
オルベック
町のどこからも見えるし、見えること自体が、きっと大事に違いない。
スポンサーサイト