FC2ブログ
2011.12.29

トゥールーズ サンテティエンヌ大聖堂

キャピトル広場からは東南方向にある、サンテティエンヌ大聖堂。
クロワ・バラニョン通りにでると、通りの先に教会が見える。
教会前は広場になっている。
その広場の噴水を、教会をバックに一枚。
トゥールーズ
教会脇には、十字架が立っている。
こうしたデザインになってくると、鍵に見えてくるから不思議だ。
トゥールーズ
さて、噴水の下部にある、小便小僧のような彫像。
よく見れば、小便ではない。手に捉えた、ばけもの頭の口から、勢いよく水が噴出している。
右のはふてくされているように見えるが、左のは楽しそうだ。
これは、単に角度かもしれない。
そう思うと、つい、飛鳥大仏を思い出す。
トゥールーズ
デジカメ時代ではない。フィルムカメラで撮った写真をスキャンしたのだが、これが、赤外線かぶりなのか?本当に赤い街なのか、本当の色がどうであったか、記憶が怪しくなっていく。
もっとも、デジカメだって、カメラによって発色が違うから、自分の目の感覚に勝る記憶と記録はないかもしれぬ。
スポンサーサイト