FC2ブログ
2011.12.22

トゥールーズ ノートル・ダム・ドゥ・ラ・ダルバード教会

閑静な住宅街にひときわ大きな教会がある。
特徴的なのは、その門の上の彫刻である。聖母マリアの戴冠式の図。
お城のような尖塔のある教会で、壁が圧する迫力でデンと構えている。
トゥールーズ
その教会前にとまった、一台のお母さんの自転車。子供を迎えに行く途中、教会に立ち寄ったのだろうか?我々日本人にとってのお寺や神社の感覚かもしれぬ。
トゥールーズ
しかし、もっともっと気になったのは、教会側面、緑地にある、吠えるこいつ。
よく、教会で空を見上げると、これらのバケモノが咆哮している画を良く見るが、地上で吠えているのは初めてだ。
口から雨がたれてくる事はなく、やつが雨を飲み込むように空へ口をあけている。
清水寺の狛犬同様、やつにも、なにか意味があるに違いない。
スポンサーサイト