FC2ブログ
2011.10.30

L'Artisan du Painのフイテ・オ・フロマージュとフイテ・ア・ラ・ヴィアンド

Feuilleté au fromageはチーズパイ。フイテ・オ・フロマージュ。
Feuilleté a la viandeはミートパイ。フイテ・ア・ラ・ヴィアンド。
である。
左がフイテ・オ・フロマージュ。
111030-1
手のひらサイズのパイである。二つも食べれば、女性なら、お昼に充分だろう。
男性の、特に若者は、それだけじゃ、足るまい。

特に、美味しい!という感想な訳ではないのだが、パン屋さんにおいてあるものに、次から次へとチャレンジしてゆき、名前と物を覚える。
覚えたら、パン屋へ行くのがまた楽しくなるのである。

Feuilletéと言う単語のFeuilleと言う部分は葉っぱ。パイ生地が層になるからこういうのであろうし、日本語で言うところのケーキミルフィーユ、即ちミルフイユのフイユ部分と同じ単語である。

ミートパイがフイテ・ア・ラ・ヴィアンドですよ。
なんだか同じものとは思えませんが、フランス語だと、何だかとても高級にかんじますなぁ。
スポンサーサイト