FC2ブログ
2011.09.11

モンスーリ公園の木陰のベンチにて

朝のラグビーの日仏決戦のテレビ放送が終わると、モンスーリ公園に出かけた。公園でネット接続してみようと、パソコンももってゆく。
パリ市内の多くの公園でWifi(ウィフィ)接続ができるはずだ。

公園に着くと、結構アンジュレーションのある公園なのだが、多くのジョガーであふれている。
ベンチの上も、本を読む人やら、ギターを弾く人、ノートに何かまとめる人、寝る人・・・思い思いの過ごし方をする人であふれている。

風は秋を感じるが、歩いていると汗ばむほどの陽気。
日なたは、だいぶん暑い。

あいているベンチを探す。
あったあった。
なぜあいているかと言えば、そりゃ、日陰の涼しいベンチだからだ。

日なたの暑いところはもう満席である。

110911-1


パソコンをしている人など、一人もいなかった。
デジタルなのは平日仕事中だけで十分というところなのだろう。

で、肝心なこちらのパソコン。
ベンチの上で無線を探してみたが、それらしきネットワークは存在せず。場所が悪いのか、つながったのは昔の話なのよねなのか?アンテナがいかれてて、ほったらかしなのか?
また、調べて、チャンスがあるときに挑戦してみましょう。


って、ここまで聞くと、まるでフランス人は、太陽好きのために、熱くても日なたにいる人ばかりに聞こえる。
そもそも、この公園に来ているフランス人が、全体のフランス人の何パーセントというのだ。
そもそも、暑いなぁという人が、公園へやって来ることは、こんな日は稀だろう。

別の場所へいけば、明らかに、”日陰に避難している”フランス人もいっぱい見る事が出来る。
仮に、この公園に数百人いようとも、6000万人のフランス人を一様に言う事はできぬ。


それでも、日焼け完全防御の人も見受けないし、ジョガーも皆、普段着か寝巻きか?見たいな格好の人多いし、日本人ほど、”見た目”と”格好”にこだわらぬ目的論者が多いことは事実だろう。
スポンサーサイト