FC2ブログ
2011.09.10

タイ国際航空でパリへ行く1

このカテゴリの最初に、タイ国際航空関連の写真だけつかったが、タイ航空の追加話といこう。

まずは、成田空港でのネット環境だ。
フリーでつながると言う事なのだが、荷物検査前、カウンターの階と、入国審査後の搭乗口近くと2種類ある。

人数の問題なのかも知れぬが、圧倒的に出国審査、荷物検査前の方が接続環境がいい。
搭乗口付近では、途中で切れちゃうほど弱いし、弱いため、皆テーブル近くに集まるため、スペースもあまりない

110910-1
さて、何十分か遅れて出発となった。機内食は、日本からバンコクへの道のり途中のもの。
スパイシーで、すでにタイ気分満載である。
機材は777だったので、3列3列3列という配置であった。

110910-2
バンコクに到着すると雨だった。
暗い雨だし、飛行機の撮影どころではなかった。

降りたらとにかくトランスファーの文字を探すことだ。
ここは、EASTとWESTの2つ、東西それぞれの端っこにトランスファーの荷物検査がある。
タイ航空は、そのどちらで乗り換えても良いらしい。
難しいことはないが、降りた人についてゆき、ぼーっとしていると、入国の方へ曲がってしまうことになりかねぬ。
おそらく、黄色の文字はトランスファー。
青い文字は、入国関連だと思われる。

110910-3
延々まっすぐ歩いて、二階に上がるだけ。
とにかく、飛行機降りたら、まっすぐ、まっすぐ歩く。それが、この空港の乗換の印象だ。
歩かされるが、難しい印象はこの空港にない。

乗換乗換といったって、基本、どの空港でも、荷物検査したら、次の搭乗口へ移動するだけの話である。

110910-4
今回は、網の目ガラスだけ撮影。搭乗口付近だ。
バンコクでは、ネットで切る端末が4台ほど置いてあったが、順番待ちが出来るほど。
並ぶ気にもならぬので、自分のPC立ち上げてみたが、成田のようにはつながらず、早々にあきらめる。

110910-5
日本とバンコク間は、日本語吹き替え映画放送がいっぱいあるが、バンコクパリにはない。
であるから、日本映画を探して見る。
時差2時間ある、バンコクを夜中にでるのだから、日本からのお客さんは、結構ぐったり。
でも、機内食まで頑張って、食べてから、吸い込まれるように睡眠。

110910-6
目が覚めるとウクライナ付近。
映画一本みてから食事。
エコノミーであるから、どの航空会社に乗ったところで、食事に大したレベルの違いがあるわけではない。
どこそこが、いいとか、悪いとかの話も良く聞くが、私の舌はそんなに肥えていないので、それぞれの国によって、味の違いがあって楽しいことはあっても、美味い不味いは、わからない。

パリまでも機材は777であった。


特筆すべき事が何もないほど、淡々と快適に過ごす事が出来た。
お蔭様で、早朝到着後、用事を3つ4つ済ます体力を温存できたのである。
スポンサーサイト