FC2ブログ
2011.09.05

トラム3号線延伸

写真は、トラム3号線の延伸工事のものだ。
もともと、時々写真に載せる、廃線跡、Petite Ceinture(プティット・サンチュール)の代わりになるものだ。
バスのPC線はこのPetite Ceintureのイニシャルである。
110905-1
工事はともかく、紫色に塗られた脚場?の束にちょっと惹かれて写真を一枚。
フランスで気にっている、アバウトの中の律儀さと合理が透けて見えたのだ。
110905-2
トラムの延伸は13区の中華街から、パリ北の12号線終点、ポルト・ドゥ・ラ・シャペルあたりまでらしい。
これにあわせてなのだろうか、メトロの12号線も3つほど北へ延びる。
ふふ、サンドニさんが、自分の首を持って歩いた道だ。
そして、その伸びた先、サンドニ地区を走るトラム1号線もパリ北西の13号線方面、アニエール方向へ伸びるらしい。
東京なら、環7をトラムが走るようなものか。いずれラ・デファンス方向へ伸びるのだろうが、そうなると首都鉄道網においては、東京よりパリの方が、便利になるのかな?

そうそう、パリじゃ武蔵野線級の環状線は必要ない。そのあたりは、もう、森と畑ばかりであろう。
110905-3
ある、フランス人が言っていたが、日本では、好みのいろの服がないらしい。
トラムの延伸と関係ない話だが、このポスターの水色と紫のカラーは、いかにも、向こうらしい色使い。
日本じゃ、口にした次点で、試すことなくノーと言われるような色使いが、この街にはあふれている。
スポンサーサイト