FC2ブログ
2011.06.03

Boulevard de Bercy ベルシー大通り

12区のお尻のほうから、再開発地域ベルシーへ抜ける大通りである。
真下には、メトロの6号線が走っている。
ブールヴァールであるから、これは城壁があったということであろう。
いわゆるグランブールヴァール時代より、パリが広がって、拡大パリを取り囲むように出来た城壁跡ということであろう。
110602-1
そこに、鉄道橋が架かっている。
線路の下をこの通りは抜ける。
この一つ南にも、同じような鉄道下を抜ける通りがあるが、こちらのような、鉄ビスデザイン主体ではなく、単なるコンクリートがメインであるから、あっさりしすぎていて好きではない。
110602-2
その鉄表面のビスぶつぶつ感が、私のなかでパリを感じさせるものの一つになっているのだ。
高架下には、住人もいらっしゃるが、わしが通る頃には、ほうきでお掃除中であった。
110602-3
これでパリを感じるのには二つのポイントがある。
一つはパリ特有の乾き感、そしてもう一つはエッフェル塔から始まる鉄の重厚感なのである。

スポンサーサイト