FC2ブログ
2011.05.17

節電2

節電話の次である。
この週末、扇風機が表に出てきた。
もう長いこと使われている扇風機である。
高校生の頃に買ったのであるから、相当長い付き合いだが、未だに現役である。



この扇風機、羽がなのだ。
買った当時は、その近所の電気屋のおっちゃんに、
”こんな色は最近出てきたんだよね。今までは青とか緑とかだったから・・・”
と言われたのだが、
その後、だいぶ生きてきたが、紫色の羽の扇風機は見たことはない。
あるのだろうが・・・。



そう、時代は、そんなところにつまらぬおしゃれをせず、クーラー時代に突入していったのだ。

110517



しかし、思うのである。
冷房になれた人間が、扇風機だけで我慢できるのか?
下の階のやつが冷房を使えば、上の階はなし崩しに使う羽目にならぬか?



よしずやグリーンカーテンが話になる昨今だが、日陰の威力はすばらしい。

高校の下宿時代から、
窓が北にしかなく、
部屋の昼間の明かりは、北側にある家の反射光。

という、くらーい青春時代を送ってきたのだ。
それだけに、太陽の威力を知っているのである。

北国に住んだことはないが、
夏冷房は要らず
秋冬春は暖房なしに生きてゆけぬ。
という、生活であったのだ。
雨でも降ろうものなら、6月でも凍えるのである(笑)(ちと、おおげさだが)


フランスでも湿度が低いためか、夏でも日陰は涼しい。
つい最近まで、クーラーとは縁遠い国であったのだ。


であるからして、
01.日陰作成
02.風通し
03.湿度

これを夏の3大ヨウ素としておく。
暑さ半減の法則である。

これに、扇風機があればだいぶ良かろう。


そして、ネット上に多くの電気不使用の湿気とり方法の知恵が出てくることを望む。

写真は、もう、見飽きたであろう、イフ島の、白い乾いた写真である。
スポンサーサイト



Posted at 11:54 | 日本 | COM(0) | TB(0) |