FC2ブログ
2011.03.10

為した仕事

110309
旅行にきた人ではなく、実際日本のどこかに住んでいる人にとって、こういった駅名表示が地元にあったらどうだろう。
読みづらい!
の一言で片付けられるかもしれない。
そんなところにお金を使うのなら、運賃を安くしろ!と言われるかもしれない。
そういったものが、今、歴史的価値を含んで、こうして存在していること。
ただイベントとして、駅を飾っていますと言うわけではない。
そこに意味があるような気がしてならない。
きっと、パリでも、すべての人がこの形を受け入れたわけではなかろう。それが”ある”ということに心意気を感じるのである。現在過去未来、どれを考えるかではない。どの位置に立つかなのよ。と、ギマールのさらに後ろにいる見えない歴史的人物が語っているように見えてくる。
スポンサーサイト



Posted at 11:59 | パリ雑記 | COM(0) | TB(0) |