FC2ブログ
2010.12.24

Rue La Fontaine ラ・フォンテーヌ通り

101224-1
二日前にエッフェル塔の写真を載せた通りである。
南北に長い16区の中で、この通りは、南地区を南北に縦貫する大動脈の一つである。
Rの文字がはずれかかっているのか?わざとなのか?影との差が印象的だ。
101224-2
スノッブな感じではなく、パリらしいといえば、何の変哲もないこの通りは、どこにでもある最もパリらしい通りの一つかも知れぬ。
101224-3
その通りの60番地にあった。
以前、バルセロナのグエル邸で、ガウディの作った門を守るドラゴンのヒゲに攻撃されて頭から血を流した経験のある私としてみれば、この唐草模様風の鉄細工のとがった部分をみると、少々腰が引ける。
ドラゴンの鉄のヒゲを思い出すのだ。
101224-4
1911年と扉の左上の壁に他の物件と同じく彫られている。
この9の文字の丸部分の位置が、いつも気になるのだ。下にずれるだけで可愛さが増す。
スポンサーサイト