FC2ブログ
2010.12.14

エッフェル塔7 ラ・ミュエット

101214
マルモッタン美術館あたりを訪れた人が、メトロ駅へ向うと、このような風景になる。
16区のヘソ部分にあたるこの界隈からもエッフェル塔が見える。

パリの街というのは、丘だらけである。
この丘を縫うようにセーヌ川が蛇行しているのだ。
ヨーロッパの平野といっても、うねっていたり、ぼこぼこしたり、意外と激しい。
だから、セーヌの軌跡も相当蛇行しているのだ。

そんなこともあって、エッフェル塔は、パリのいたるところから見ることができる。パリ自体がでこぼこしており、中心観光地だけを小回りにグルグル歩いている人でなければ、この町が坂道が多いことに気が付くだろう。
真反対の20区のベルヴィルの坂道からも見えるし、こうして、ほぼお膝元の16区からも見える。

建物の間を通る隙間に、ランドマークが見えるというのは、定番風景であるが、どこか、腰の据わった画になる。
スポンサーサイト