FC2ブログ
2010.10.25

NO.91 フランス語の疑問詞

一気に行くと、気力が失われるのでゆっくりいきましょう。

疑問詞といっても、

que (なに)
qui (誰)
quel (どんな)
quand (いつ)
ou (どこ)
combien (いくつ)
comment (どう)
pourquoi (なぜ


などがある。

こいつらを分類してみる。

疑問代名詞
que (なに)
qui (誰)


代名詞というのだから、名詞の代わりなわけで、主語になりうる。
何が・・・
誰が・・・


もちろん、
Qu'est-ce que c'est? (これは何?)
Qui est-ce? (誰?)

も、これにあたる。



疑問形容詞
quel (どんな)

形容詞というのだから、名詞を修飾するわけだ。
どんな花?(何の花?)
どんな色?(何色?)

こんなときに使うが、最もよく使うのは、

どんな時間?
であろう。

すなわち、
Quelle heure est-il? (何時?)
である。

形容詞であるので、女性形はquelleとなるのである。



疑問副詞
quand (いつ)
ou (どこ)
combien (いくつ)
comment (どう)
pourquoi (なぜ


副詞というのだから、動詞を修飾するわけだ。

いつやるの?
いつお店がオープンするの?
どこにあるの?
どこへ行くの?
いくつ持ってるの?
いくらするの?
どんな風にやるの?
どんな風に考えるの?
なぜそう思うの?
なぜしないの?


などなどだ。




いい悪いはおいておき、
旅先で作りたい質問文を考えるとき、どの疑問詞を選択すればよいのか?
何を修飾するのか考えたら、文章も作りやすい。

もちろん、主語も大事だ。
お店、開く、いつ?
なら考えやすいが、
主語はなんだろう?って言う時は、大抵、私達か私、即ちonを使うと上手くいくことが多い。
スポンサーサイト