FC2ブログ
2010.09.21

モンマルトル散策

100921
風俗店、布屋街、雑貨店、ディスカウントショップ・・・。
少し薄汚れた感のある雑然とした感じが、モンマルトルの南、表モンマルトルとでも言おうか、この地域の雰囲気である。
そうやって、店も多いから手書きの数字をよく見る。

Vの字をひっくり返したようなのは、1である。
7の縦棒に点を打たねばならぬのは、有名な話であるが、そうしないと、Vの字をひっくり返したような1と区別がつかぬのだ。
単なる縦一本棒の1はない。
2も特徴的だ。
折り返し部分は、大抵まるく輪になっている。
輪を作ることが目的かのように書くから、2の字のスタート位置が自分右に寄ることが多い。
そうして、縦長な2が完成するのである。
4は、一筆書きで書くのだが、最後の縦棒は上から下へ突き抜けない。
だから、折れ曲がった道のような字になるのである。
5は、書き順が、下から上へ上げて書く人も結構いるからだろうか?一番上の横棒は、右肩上がりになっていることが多い気がする。上から書く人の場合は、限りなくSだ。一筆書きゆえである。

日本人が書く数字とは、字体がまるっきり違うところも、異国情緒一杯なのである。
観光局でお兄さんやお姉さんに、何かの時刻を書いてもらったりする場合、こうしたことを知らぬと、読めぬ!(笑)なんて事になりかねない。
スポンサーサイト



Posted at 11:45 | パリ雑記 | COM(0) | TB(0) |