FC2ブログ
2010.09.13

NO.88 動詞の不規則活用perdre

凱旋門賞も近いということで、この単語をやっておこう。
gagner・・・勝つ、稼ぐ
perdre・・・負ける、失う

gagnerer動詞であるから、難しくない。あえて言えば、もうそろそろ忘れている人もいるだろうgnの発音だ。ニャニュニョの発音である。したがって、ガニェという発音になる。
perdreは不規則活用だ。

je perds
tu perds
il perd
nous perdons
vous perdez
ils perdent


ss-シリーズである。sstと混同しないことだ。
語幹はperd
複数の語尾はer動詞と同じでこれは簡単である。

不規則とはいえ、こうして、一つ一つ見ていくと、何となく規則性があることは、わかろう。
まったく、やみくもにつづりは出来ていない。

je gagne
tu gagnes
il gagne
nous gagnons
vous gagnez
ils gagnent



DeepImpact gagne de 6 longueurs.

ディープインパクトは6の長さで勝ちます。
要するに、
ディープインパクトは6馬身差で勝ちます。

なんて使う。


サッカーであろうと、野球であろうと、勝負事は基本的にこのgagnerperdreである。
引き分けはnulという。
よって、勝敗表などを見るとき
G N Pとなっていれば、国民総生産ではなく、勝ち、引き分け、負けの数が書かれているのである。

gagnerには給料を稼ぐの意味もあるから、月給いくらなんて時も、この単語でいい。


普通、勝負事で勝敗を言う場合、現在形は用いられない。
当然勝った、負けたという過去形になることが多いからだ。

J'ai gagné!(勝った!)
J'ai perdu!(負けた!)

ただ、ここでは、不規則動詞の現在形活用の話がメインであるから、過去形のことは、だいぶ先にやるので、覚える必要はない。
スポンサーサイト