FC2ブログ
2010.06.23

フランスの南アフリカ・ワールドカップ終わる

フランスのワールドカップは終わった。

フランス語では、監督はセレクショナー、即ち、選手を選ぶ人なのである。
23人を選び、11人を選び、交代選手を3人まで選ぶ人なのである。
それが最大の仕事であるというのはうなづけるし、その単語どおり、それしかしなかったという感も否めない。

今大会のフランス代表は”11人”でサッカーをやっており、試合の構図は、予選から”11人”vs”1チーム”という状態であった。

エゴイストだらけも問題であるが、フォア・ザ・チームだけでも勝てぬ。
程というものがいる。




中国の孫子の兵法でいうところの、序章にある5つの条件がある。道、天、地、将、法である。
道というのは、選手と指導部が同じベクトルをもって戦っていることであるが、そこが瓦解すれば、英、独、伊、西とも比べて、なんら遜色のない仏代表のこの状況は分かりやすい。
名選手名将にあらずということは、このベクトルの方向を同じに向ける能力と、選手としての身体能力、創造能力、戦術理解能力、状況把握能力とは、おのずから別のところにあると考えねばならぬだろう。

セレクショナーは23人を選んだ。
そこで仕事が終わっているのが、フランスのシャンパンサッカーたる所以ではなかろうか?
もしそうなら、フランス代表には、ジダンのような軸となるべき中盤のカリスマ性を持つ選手が現れぬ限り、1チームになることはない。




今回のフランス代表の失態は、暴言に始まったわけではない。
この元凶の元凶の元凶は、セレクショナーという単語に存在しているような気がしてならぬ。

そうかといって、監督監視するというsueveillanceというスタイルは、フランスには合わぬだろう。
おなじベクトルを共有させられる戦略家(ストラテジスト)が必要なのだ。そのためのセレクショナーでなければならぬ。




さてさて、日本代表も同じような悩みを抱えていた。しかし、今大会では、多くの批判とは裏腹の好結果である。
それが、日本人という個性の理由か?選手のなかのカリスマ性による統一か?それとも名将のなせる業か?

ともかく、ある程度分かりやすいコンセプトで機能しているように見える日本。
大会前から、そんな状態で大丈夫か?といわれた、日仏双代表は、対照的な結果を見せている。
さて、明日どうなるか?むろん、始まれば、欲しいのは結果だけだ。期待して待つとしよう。
スポンサーサイト