FC2ブログ
2010.06.07

NO.77 フランス語の動詞 不規則活用partir

本日はpartirの活用である。

partir・・・出発する。
arriver・・・到着する。

これらの単語は、当然、駅で、空港で、バスターミナルで、港で、聞く単語である。
もっとも、出発しますという単語は、館内放送では、partiraと未来形になっていることが多い。
過去形は基本必要ないであろうからだ。
または、départ出発という名詞で使われるか?

TGV何百何十何番、どこどこ行きは、何時に発車する予定です。なんていう放送である。
ピン・ポン・パン・ピロロ~ン!という悲しい音楽と共に言っている。


むろん、ここでは、現在形の話である。
arriverer動詞であるが、単語としては、当然セットで覚えておいた方がいい。


partir

Je pars
Tu pars
Il part
Nous partons
Vous partez
Ils partent


ラディカルは単数par-。ただし、複数人称の場合はpart-
単数人称のテルミネゾンはSSTシリーズ。複数人称のテルミネゾンはer動詞と同じ。
スポンサーサイト