fc2ブログ
2010.05.12

ストラスブール29

100512
小公女セーラは屋根裏部屋にいた。
女中部屋で寂しいのだろうが、きっと、当時でも、子供には人気のあるスポットであったに違いない。
消して、物語やアニメ等々に影響されるわけでなく、屋根裏は探検心をそそる、小さな秘密吉めいたものがあるからだ。

昔の欧州では、一番下の階が人気があったそうだ。
最上階の屋根裏は、女中さんであるが、写真のようであると、相当儲かっていた商家なのか、屋根裏風小窓だらけである。
なんといっても一列ではない。ということは、屋根裏が3階に分かれているということなのだろう。

屋根が大きいのは、お金持ちの証拠。窓の数だけ、働く人がいるみたいな、ものがあったのか?
奥に見える大聖堂から連想するに、司教都市らしく、宗教関係の大物がいたのか?

鳥箱のような、小窓の中を、除いてみたくなるのは”わし”だけだろうか?
スポンサーサイト