FC2ブログ
2010.03.01

NO.67 マルセイユへ行きます

Je vais à Marseille.
Je vais à Fukuoka.

マルセイユへ行きます。
福岡へ行きます。

このあたりの説明はしてある。
àの話は前回までに終わった。
何処かの街、村へいく場合はこれでいいのである。




が、国などになると変わる。

女性名詞の国(仏韓中伊)
Je vais en France.
Je vais en Corée du Sud.
Je vais en Chine.
Je vais en Italie.



男性名詞の国(日加伯)
Je vais au Japon.
Je vais au Canada
Je vais au Brésil.



複数名詞の国(米)
Je vais aux Etats-Unis.


男性名詞と複数名詞の国は、言ってみれば、à+定冠詞の形であり、定冠詞の縮約で既に説明したとおりである。
女性名詞の国だけがenとなる。

このあたり、慣れだ。





日本語でも、
とある人は

私は岡山行きます。

別の人は、

私は岡山行きます


どちらかが正しいのか?それとも、どちらも正しいのか?
日本人であるわしもわからぬ。知らぬが、会話に困ったことはない。

そして、われわれは外人さんに

わたし、おかやまいきます

といわれても、もちろん理解できる。
女性名詞とか男性名詞とかの話とこの日本語は関係ない。

I am Japan.といっても、日本に行くという意味ととってもらえるかわからぬが、Je vais en Japon.とまちがえても、きっと通じるに違いない。
ふふふ、東京の新宿駅で、私は松山です。と外国人に言われても、なかなか、彼が愛媛の松山市へ行きたいのだと理解することは、日本人も大変に違いない。
スポンサーサイト