FC2ブログ
2009.09.11

旅の持ち物、便利なもの04 赤ペン、マーカー

さて、本日は便利な持ちもの編。赤ペンとマーカー類である。

競馬親父が赤ペンである理由がある。
大変目立つのに、下の字が透けて見えるのである
これは、マーカーも同じであるが、目立つ度合いは赤にはかなわない。

こんな理由が、競馬新聞に赤ペンなのである。


これは、旅に応用できる。

よく使うのが、観光局でもらったマップに、今日歩いたところを塗りつぶしていく作業だ。
いくつか地図を観光局でもらえたのなら、街歩き用と、塗りつぶし用の2種類で使うこともある。

街歩きの場合は、目的地や、チェック箇所などを赤で丸しておくために、塗りつぶしは前出の目的だ。
この塗りつぶし、親からの伝授であるが、今では、待ち歩き必須アイテムとなっている。
歩く楽しさだけでなく、街を覚えるのが速い
後で塗りつぶすことを考えると、地図を見る意識も変わる。

地図が不得意な女性であっても、地図は必須だから、この方法は、地図苦手でも、意外と待ち歩きに助かるのである。

本日撮った写真の整理はパソコンで、本日歩いた道は地図で、その日のうちにそこそこ整理しておくといい。

赤ペンは、時刻表、ガイドブック、地図、新聞、それこそ、紙類にならどれにでもいける。
はダメだ。下の字が消え読めなくなってしまう。も見づらい、も見づらい。赤、そうでなければピンクオレンジが望ましい。蛍光ペンはその次だ。

私の好みはつねにぺんてるである。
これはフランスでも売っている。BHVなどでもあるが、価格は通常する。文具は日本で!は海外の常識である。
どれでもいいのだが、旅のお供にどうぞ。
スポンサーサイト



Posted at 11:15 | その他 | COM(0) | TB(0) |