FC2ブログ
2009.06.11

サントヴィクトワール山を目指して14

aixp14
山頂が見えない。
ひらけた緑の絨毯の向こうに、サントヴィクトワール山がある。

肉眼では、なんとか、ぼんやり、山頂付近を確認できぬこともない。
圧倒される風景である。
晴れていたら、もっとすごいのだろう。
が、写真では、全く見えず・・・・。

しばらく待ってみた。30分もたつと、小雨が降ってくる。
ジ・エンド。

また、いつの日か、晴れた日にやってこよう。
長い道のりを引き返す。

歩いてでも、この風景を見たさに、描きに、やってくるセザンヌの気持ちが分からぬでもない。
残念ながら伝わらない、目の前に、圧倒的な風景があるのに・・・・。
スポンサーサイト