FC2ブログ
2009.06.01

NO.44  フランス語の国名その2

前回、英国について触れた。
そこで、さらにそこを進める。
アングロ・サクソンに追いやられたケルト民族はウェールズ地方やスコットランドへも追いやられている。アイルランドもそうだ。
スコットランドの中村俊輔選手のいるチームの名前はセルティックであるが、セルティックはケルティックである。ケルトのという意味だ。
フランスでは、ブリティッシュという言い方はあまり聞かぬ。
イングランド人、スコットランド人である。

スコットランド Ecosse  英Scotland
スコットランド人 ecossais  英Scot
ウェールズ Pays de Galles  英Wales
ウェールズ人 gallois  英Welsh
これらは、サッカー、ラグビーなどの試合で何度も聞く単語である。

連合王国であるからUniという単語が付くわけであるが(Royaume-Uni
このUniに当たる国を二つほど。
アメリカ Etat Unis  英United States of America
アラブ首長国連邦 Emirats arabes unis  英Unites Arab Emirates
UAEは英語の頭文字であって、フランス語ではEAUになるわけだ。

アメリカはもちろん、ドバイが発展するなかで、アラブ首長国連邦の出現回数は多い。覚えておくと毎回辞書に煩わされることはなかろう。
スポンサーサイト