FC2ブログ
2009.03.17

南仏の路地から26

090317
グラースだったと思う。
なにしろ、失敗作、不明作の写真フォルダの有効活用のため、ブログで使っているのだが、こういった、観光地らしく、しかも、少々ひなびている場所は、大好きなところである。
マニアックで、生活観あふれる場所のいいのだが、観光地と言うのは理由があって観光地になっているわけで、それなりの景観や、それなりのものがあるわけなのである。
と、いっても、メジャー観光地よりm、マイナー観光地が、独占気分を味わえてよい。

何の変哲もないところは、何の変哲もないわけで、続くとメジャー観光地と同じく、食傷気味になる。


グラースは、南仏のガイドブックなら大抵載っているメジャー観光地であるようであるが、意外と観光客は少ない。少なかったと言うべきか。
真夏の観光シーズンなら、こうはいえぬかも知れぬ。
サンポール、ヴァンスなどと比べると、少々行きづらい。むろん、エズ、モナコなどと比べてもだ。


グラースも、ご多分に漏れず、画家のフラゴナール出身地である。香水も有名であり、パリにもある美術館の大本がここにあるわけだが、せっかくだから、フラゴナールの美術館も寄ってみるといい。

色々な、エロティックなものが、フラゴナールの絵の中には隠されているらしく(相当数)美術館員のひとが説明してくれたのだが、なるほど!と思えるものから、そう?というものまでたくさんある。


さてさて、この写真はグラースなのか・・・?
スポンサーサイト