FC2ブログ
2009.02.25

燃油代の話

パリへ向うエアラインの燃油代は4月発券分から軒並み下がりそうだ。
4月には行ってから確認するのではなく、4月になる前に問い合わせておこう。
燃油代は下がったのはいいが、席はないでは、元も子もない。

JALも全日空も往復7000円程度になるようだ。
4月発券分以降であるから、4月以降出発と言うことではないのでそこは留意が必要だ。
無論4月発券であって、4月以降予約でもないから、そこにも注意は必要だ。
あくまで、発券ベースなのである。

今のままで原油価格が推移していけば、燃油代はなくなっていきそうな気配であるが、もう7000円の差まで来ている。夏の予約も含め、日程優先にしていっていいのだろうという範囲になってきたと言える。
どのエアラインであれ、続々発表となるのだろう。
円高ブームで旅行者を掘り起こしたいから、航空券の値段も下がってきている。
燃油代だけに気をとられると、あれれ?ということになりかねないのだ。
そろそろ、燃油代がなかった時代と同じように、航空券本体の値段にも気を配る必要がある。
まずは、問い合わせておくことだ。
スポンサーサイト