FC2ブログ
2009.02.24

南仏の路地から22

090224
パリでは洗濯物を外に干せないらしいが、南仏のこういった路地では、良く洗濯物を干しているのを見かける。むろん、観光ゾーンでないところだから、それも可能なのだろうけど。

風呂にしても、選択にしても、湿気の多い日本と乾燥した欧州では、習慣が違う。

この洗濯物の風景は、路地らしく、生活観あふれるものであるが、良く考えてみると、やはり、この構造には、洗濯物を干すと言う発想はハナからない人たちが建てる建物の構造なのである。

そういえば、日本でも増えてきた、横開きの洗濯乾燥機は、フランスにははるか前からある。
当時、日本で説明しても、洗濯から乾燥まで同じところでするといっても、理解してもらえなかった。
こういった環境、しかも、ウサギ小屋といわれる日本と同じように、狭いフランスのアパートでは、そういった洗濯機も出来るわけである。

ちなみに、最近日本でも人気の出つつある、食器洗い乾燥機も、フランスでは、結構昔から家にほしい電化製品上位ランクであった。日本の半分ほどしかないようなシンクを見れば、なるほどと思うわけである。

この路地の家の中が見えるようである。
スポンサーサイト