FC2ブログ
2009.01.16

2種類のバターの違いは?

090118
090117
2004年にとった写真である。
パリに出かければ、お決まりのように、パン屋めぐりとなる。
とは言うものの、買い込んだパンを、何もつけずに食べられるのは、買って半日から一日。
翌日には、カッチカチになっている。
いくらおいしいパンとはいえ、小麦の風味を感じつつ、ただただ食べ続けると言うわけには行かぬ。
バターを勝ってきて、料理に、パンにと使うわけだ。

旅の最初にスーパーで仕入れるのが、バターであったりする。
油代わりでもあり、持ち運べるから、地方までお世話になることもある。

さて、スーパーにバターが並んでいる。
飛行機の機内食のバターも、このブランドであったりする有名なバターであるが、2種類ある。
何が違うのか?

良く見れば、DOUXDEMI-SELである。
SELは塩。
要するに、
DOUX・・・無塩
DEMI-SEL・・・有塩
なのである。

DOUXは別の部分でも使われる。
シャンパンやシードルなどである。
DOUX・・・甘口
BRUT・・・辛口

この3つの単語は覚えておいて損はない。
シードルなんかも、お酒が余り得意でない人にも、お勧めの飲み物で、スーパーでは、ペットボトル入りであったりする。お酒が苦手でワインはちょっと・・・という人にもお勧めだ。
もちろん、シードルはフランスのお酒である。クレープやガレットにシードルはブルターニュの定番。
もちろん、ブルターニュは有塩の良質バターの産地である。
スポンサーサイト