FC2ブログ
2008.09.28

ぶらり名古屋002

四間道の街並み01
スタイルは同じである。
駅に着いたら、観光案内所。

名古屋の観光地図下さい!の一言一閃。

貰った地図を見ながら、近くて、ピトレスクな風景を探す。

遠くには近代的なビルも見えるものの、名古屋駅近にこういった場所が残されているのだ。
近代的なビルはもう食傷ぎみ。

こういった風情に近代的ビルというのが、日本だけでなく、いかにもアジアの街らしいといえば、そうである。

どうも、人の目は、建物そのもの、建物にあるお店、お店にある商品食べ物そのものにむかいがちである。
しかし、お店が移動するのではなく、人々がたとえばパリに、香港に、ミラノに、ロンドンに、ニューヨークに移動して食、物、建物の文化を感じるとき、その街の、その通りの風景が深く心象に影響することは間違いない。

この街だって、名古屋城だけが、単独で歴史的景観をつくることはできない。
こうした街並みにも、近代高層建築以上の、街の人の粋とプライドを感じるのだ。
スポンサーサイト



Posted at 09:31 | 日本 | COM(0) | TB(0) |