FC2ブログ
2008.08.18

旅に必要なフランス語単語004

今回も引き続き旅行フランス語単語である。
本日の単語も、超重要。が、今回の単語は、ちょっと難しい。
難しいが、知っていれば、トラブル回避につながる重要単語ばかりだ。

sans arrêt (ソンザレ)・・・ノンストップ。
目的駅を通り過ぎることのないように!!
もちろん、どこからどこまでなのか確認が必要です。

sauf (ソフ)・・・以外
美術館や博物館などの休日案内や、時刻表にたびたび登場する重要単語。
この日以外というときに使う。
sauf lundiであれば、月曜以外である。
何月何日以外という場合もある。
これを見落とすと、駅へ行ったはいいが、そんな電車は待てどもこないということになりかねない。

gratuit (グラチュイ)・・・無料。
貧乏にとって、ありがたいお言葉。
ソフトバンクのタダトモのコマーシャルでお父さん犬も言っているので、聞き取ってみよう!
パンやジュースなど、日本なら何パーセント増量!と使うところも、何パーセント・グラチュイとなることろも、フランスらしい。

interdit (アンテルディ)・・・禁止された。
入場禁止、出入り禁止、撮影禁止、芝生進入禁止、駐車禁止、乗車禁止、など、さまざまな旅シーンに登場する。
これも重要単語。
間違って、事故や逮捕にならぬよう!

grève (グレーヴ)・・・スト。
頻繁に起こるストライキ。
テレビなどでもストライキ情報やるが、完全ストライキではなく、一部動いていたりすることも多い。
2sur3などとなっていれば、3本中2本は走るということだ。
パーセンテージ表示になっていたりもする。
ちなみに馬券で2sur4という馬券があるが、これは、4頭選んで2頭が1,2着に来ればいいという馬券。

interrompu (アンテルロンピュ)・・・中断された。
こちらの方が、重要かもしれない。
突然の事故、天災、人災、もちろん突然起きるストライキもあり、そんなときには、この単語が、駅やホームのモニターに現れる。
とある路線のみがストップしたりすることもあるから、この単語を見逃すな。

guichet (ギッシェ)・・・窓口。
切符売場など、すべてこれですね。お店やデパートで見かけるcaisseケース)というのはレジの意味。

billet (ビエ)・・・切符。
主に長距離鉄道ですね。

ticket (ティッケ)・・・切符、券。
メトロの切符や、映画館などの入場券。

composter (コンポステ)・・・切符の刻印。
郊外へ行く鉄道に乗る場合は、改札がありませんから、あちこちにあるコンポステの機械で必ず刻印しなければなりません。
フランスへ行かなければこの単語使いませんが、日本語に訳すより、コンポステした?などと日本人でも言いますね、現地では。


ちょっと、聞きなれない単語があるだろうが、単語によっては留学先の学校でも教えてもらえない単語さえある。
覚えておいた方がいい。
もっとも、フランス語を勉強している人、したい人対象に書いているから、覚えるべきといった方がいいだろう。
フランス語勉強していない人でも、気に留めておくべき単語は多い。
スポンサーサイト