FC2ブログ
2008.04.11

モナコへ

モナコ海

フランスの地方へ出かける場合、何もパリを起点にしなければならないということも無い。
いくつかの欧州系、アラブ系の航空会社はニースへ直行便が飛んでいる。
直行便といっても、もちろん経由地からだから、日本から行く場合は、一度乗換は必要だ。

たとえば、韓国や、香港経由で外国人が日本の地方都市に直接は入れるのと同じことだ。

フランスや欧州の魅力に取り付かれて、何度も訪れている人にとっては、大都市以外を起点とする、または、複数都市訪問可能やオープンジョーなど、検討範囲は広い。

何もパリだけがフランスではない。パリはフランスではないといってもいいほど、その他のフランスちがう。

写真はモナコの港。2月頃の写真だが、そんなに寒々していない。南仏はニースのカーニバルもあり、冬でもパリよりは随分ましなのだ。
ばかげているほど混む、夏より、今の時期が南仏にとって最高かもしれない。パリは、少々まだお寒い時期でもあるからだ。

さて、ANAやJALのマイレージプログラムが4月から変更になった。
1月中旬から3月初旬や、4月初旬ははANAの場合、45000マイルで往復できるようになったようだ。
逆に、ハイシーズンは今までより多くのマイルが必要だ。

1月~3月のシーズンは、まあ、言ってしまえば最悪のシーズンでもある。
まず寒い。日が短い。
が、ここは、学生にとって、安く旅行できるシーズンでもあり、卒業旅行シーズンとしては、最盛期である。
フランスの観光シーズンというのは、4月からはじまるといっていい。
いま、まさにはじまったところだ。

日本は4月が、年度始めであり、5月にGWを控えていることもあって、4月の旅行客は少ないのかも知れない。ここに休みとる人が少ないのだろう。

我々のホームページですら、3月末から4月初旬は、毎年アクセスが冷え込む。
学生旅行、春休み旅行の情報集めは3月初旬には完了し、GWのチケットも取って、情報を集め始めるのが4月中旬以降になるからだろう。4月は皆忙しいつきなのだ。

なるほど、4月はけして旅行シーズンとして最悪な時期ではないが、マイルが少なくて特典航空券に交換できるのは、こんなところに理由があり、自分達のサイトのアクセス数からも明らかなわけだと、妙に感心してしまうのである。
スポンサーサイト