FC2ブログ
2008.04.04

ああ、燃油代

それにしても、ガソリン協奏曲が吹き荒れるなか、飛行機の燃油代は上がる一方である。

ゴールデンウィークを過ぎると、5月末から6月というのは、航空券の安い時期であるが、昨今の原油高で、航空券より諸費用が高い!なんて珍現象も出始めた。

のきなみ、40000円程の燃油代を持っていかれてしまうのだ。

くれぐれも、燃油代とマイレージに関わる、チケットの予約クラスを旅行会社に確認することを怠らないことだ。

①成田空港使用料、経由目的地の空港税、航空保険料、チケットの発送代、ここまででも、旅行会社によって微妙に違う。
②そして、燃油代。これは航空会社によって大きく違う。
③そして、多くの人が気にしているチケット代だ。

多くの人は、③のみの話しかしない。
ここで安い、高いは、意味がない。

トータルでチェックしていくと、空港への交通費ぐらい浮いてしまったり、この航空会社も選択肢に入るんだというものも現れてくる。

数百円のちがいで、マイレージ加算に影響があったり・・・。

それにしても、燃油代、今の半分以下に原油がなってくれないと、なくならないらしい。
その上ドル安に円高、円安にユーロ高の構図は変わらない。
バイオエタノールが、他の物価高を招くというし、太陽光で飛ぶ、ジェット機ができないものか?電気も石油も必要としない高速移動手段を考えることが、最もエコなのではないの?と他力本願なボヤキを続けるこの頃である。
スポンサーサイト