FC2ブログ
2008.03.26

カルネ半分だけ下さい!

いずれはホームページのコンテンツにする予定ながら、紙にも頭にもまとまっていないので、しばらくは、水曜日にでも、パリの交通とパリ近郊の交通について、載せていくことにしよう。


交通で問題になるのは、切符の種類とパリの交通の使い方である。



住んでいるのならともかく、旅行でパリを訪れる場合、あなたが、

いつ、何曜日?何日?
パリ又はパリ近郊のどこへ到着し、
どんなスケジュールで、
いつまでパリにいるか


によって最も効率のいい切符は変化する。


もう一つは、RERとトラムとバスだ。

これらは、住んでいる人ですら、使わないという人もいる。
長い事住んでいる人はともかく、旅行者や、パリ滞在期間の短い人には厄介な乗り物だ。
これらをうまく使うと効率がいいし、楽しい旅になる。


どうやって乗るのか?はもちろんながら、メトロだけでも移動できないこともない、パリの街の中で、バスやRERの存在意義が何なのか?
本当にメトロが便利なら、パリの市内をメトロの数倍の路線バスを走らせることはあるまい。



一種のゲームである。


パリの中を、バス、メトロ、RERやトラムなどが、何分かおきに、ところ狭しと走っている。こいつに、目的地へ移動するために、上手に飛び乗り飛び降りするわけだ。
時間の限られるパリの旅行者中心に、賢い利用法を伝授、いや、一緒に研究しようというわけだ。



さて、今回は切符の種類。

旅行者の呪文、アン・カルネ・スィル・ヴー・プレ!

だが、この回数券が必ず安いとは限らない。だが、万能である。ゾーンにとらわれない。ゾーンはまたげないことが多いが・・・。
他にも、

パリヴィジット、ゾーン別観光地割引付
カルトオランジュ・エドマデ、一週間券
カルトオランジュ・モンシュエル、一ヶ月券
モビリス、一日券

などが、ある。


ゾーンについては、また次回として、今回覚えておくべきは、カルネに2種類あるということだ。


ドゥミ・カルネ


Demi(ドゥミ)というのは、半分という意味である。
アン・カルネ・スィル・ヴー・プレ!の最初のアンをドゥミに変えたらいい。

ドゥミ・カルネ・スィル・ヴー・プレ!



値段はカルネの半分だから、割引率は一緒だ。


フランスの月初は1日であることは日本と同じであるが、フランスの週は月曜日から始まる。日曜日からはじまる日本とは違う。
ここが、1週間券を買うには重要なポイントになってしまうのだが、その話は後として、
仮に日曜日にシャルル・ド・ゴール空港に着いたとしよう。
月曜からは、一週間券を使うとして、今日はどうするの?というときに、カルネで10枚買うのは多い!という場合、この“ドゥミ”は意外と使える。

帰りも同じく、月曜日夕方にはパリから帰国、半日時間がある!なんてときに、ドゥミ・カルネは活躍する。


頭の隅に置いておくと便利な“ドゥミ”である。



ちなみに、パン屋さんでもこの“ドゥミ”は使える。
カルネが使えるわけではない。
“ドゥミ”は半分の意味だ。

少ない人数でパリを旅行している場合、バゲット食べたいが、一本は多すぎ!という人に、ドゥミ・バゲットと言って、半分だけ買おう。
半分サイズのバゲットを用意しているところもあれば、切ってくれるところもある。


他、何時半というときの半も“ドゥミ”である。
スポンサーサイト