FC2ブログ
2008.03.11

マントン ジャン・コクトー美術館

マントン海
マントンの海に面した、マリーナの脇にコクトー美術館がある。

パリの郊外のミイ・ラ・フォレにコクトーデザインのコクトーのお墓のある、サンプル教会がある。
南仏、ニースの隣町、ヴィルフランシュ・シュル・メールにもコクトーのチャペルがある。
このマントンの市役所の結婚式場もコクトーのデザインだ。

パリの教会のデザインに比べて、南仏のコクトーデザインのもののカラフルなこと。

ピンク、ライトグリーン、スカイブルー・・・。

建物がそうさせるのか、この陽光がそうさせるのか、コクトーの絵も、南仏モードになっている。

この美術館を訪れた人は、皆、コクトーのファンになってしまうのではないか?
そう思わせる、美術館である。

パリ郊外のサンプル教会はその名のとおり、壁一面に薬草が描かれている。
サンプルというのはシンプルという意味もあるが、ここでは薬草の意味である。

南仏の絵は、そこにいる人々が生き生きと描かれているように思う。

その絵の雰囲気の違いは、パリから南仏に来たときよりも、南仏からパリに帰ったときに、ああ、と知る事ができる。

太陽の恋しいパリの空。
太陽一杯の南の空。

陽光は、景色も人も空気も皆変えてしまう。
スポンサーサイト