FC2ブログ
2008.01.24

はじめてのフランス語1

さて、ホームページでアップしていないものを先行して載せておくということもやりつつ、ネタ切れしないように、写真のないブログも記入しておく。

本来、サイトのフランス語コーナーでやっておくべきことなのかもしれないが、ブログにつれづれと書いておく。

フランス語の話を書いていくわけだが、はっきり言って、わしは、フランス語の先生でもなんでもない。留学して、中級レベルの教科書は終わらせたものの、どんどんフランス語を忘れていっているというのが現状の人間である。

というわけで、フランス語が始めてという人や、フランス語ついていけん!!という人向けの話を載せていく。


さて、今回は、最初ということで、辞書の話。
はっきり言って、好きなものを買えばいいわけだ。が、個人的偏見を自己経験から言ってみる。

以前もどこかで書いたのだが、旅行ガイド関係のものをフランス語で読んでいると当然わからん単語に行きあたる。これが、また、結構通常の辞書に載っていないのだ。
通常の辞書に載っていないから、電子辞書でも当然出てこない。

そして、もう一つ。フランスで教わった先生の多くは、辞書を使うな!!という。
わからん単語は先生に聞きなさいということだろうが、わからん単語だらけなので、それ全て聞いていたら、事業は進まないし、授業をとめるほど聞き続けること自体難しい。
で、結局辞書のお世話にはなるわけだ。

ここで、問題なのは、特に女性はそうだろうが、辞書の重さである。

たかだか数十グラムでも、重たい携帯電話はイヤ!!という女性も多い。

そんな理由で電子辞書を持つ人も多い。
もちろん、いちいち引かなくでも、つづりを押すと意味が出てくるというのがいい!という人もいる。

が、あなた!単語のつづりをキーボードで打つのも、辞書ひくのも、そんなに時間変わらないですよ。いや、場合によって、単語を複数引く場合、辞書の方が速かったりする。

そういうところから、わしが勧めるのは、
家には、ロワイヤル仏和中辞典。
持ち運び用は三省堂のGEMである。

中辞典は、持ち運びできない大きさでないわりに、結構、旅行ガイドで見つける不明単語を普通の辞書だと見つからないのに、これなら見つけることができる。これが意外と、文脈上重要な単語だったりするのです。

そして、GEMは電子辞書より軽い。圧倒的に軽い。そして、仏和和仏の両方が入っている。
単語に到達したあとは、電子辞書より圧倒的に普通の辞書の方が見やすい。

この2つの組み合わせが、わしのおすすめである。
あくまで、フランス語のお勉強する人用であるが・・・。

電子辞書より、十分安く済みます。
わしの場合は、中古の辞書を安く手に入れましたがな。

まだ、これから買う人に是非おすすめである。

パソコンにも辞書が入っていると便利なのだが、使ってみたことはない。
知っている人がいたら、パソコンでフランス語単語を調べる辞書かネットか、教えていただければ幸いである。ライブドアの翻訳機能だと、いまいち面倒なのである。
スポンサーサイト