FC2ブログ
2008.01.11

マルモッタン美術館

マルモッタン美術館

日本人に人気のあるモネの美術館。
オルセー美術館、オランジュリー美術館の睡蓮と共に、クロード・モネを堪能するには欠かせない。
印象派というのは、印象だけで絵を描いていると言われたからだとも聞くが、ここの美術館にある、印象・日の出が出品されたからとも言われている。

この絵、以前盗まれたこともあったようで、厳重に管理されている。
この絵を見るだけでも、人によっては、ファンにとっては価値のあるものとなろう。

最寄り駅のラ・ミュエットや、RERのブーランヴィリエから歩いていくと、三角形の形をしたラヌラグ公園を通っていく。この高級住宅地の憩いの場である。
この公園の一角、駅からなら、公園の並木道を通り過ぎたあたりに、この美術館が存在する。

2階建てで地下もある美術館だ。

とにかく、印象派発祥の絵から、最終的に、光に溶け込んで、ジヴェルニーにおいて、抽象画のようになっていく、モネの作品やその他の人の作品にも触れることができる。
スポンサーサイト