FC2ブログ
2008.01.09

フランスのカフェの名前

モンマルトル3

オ・ランデヴー・ドゥ・モンマルトル
カフェの名前である。
場所は、モンマルトルのとある一角。

フランスのカフェの名前には、よくあるパターンがある。
カフェの向かいや近所の公共施設などの建物(駅、郵便局、教会)。
教会の名前がついたサン・何とかや、カフェ・ドゥ・ラ・ガールやカフェ・ドゥ・ラ・ポストはフランスのどこへ行っても見つけられる。

その他は通りや広場の名前、または、そのカルチェの名前。これも頻繁に見つけることができる。

また、フロールやブーケなど、花に関する名前も多い。

それ以外でよく見かけるパターンの一つがこの、オ・ランデヴー・ドゥ・~という名前である。

カフェが待ち合わせなどに良く使われることから、このような名前が多いのだろう。

日本では、ランデヴーという言葉自体、死語のようになっているが、もともと、ランデヴーは、人との待ち合わせに使われるフランス語。当然、現在でも頻繁に使われる単語である。
”あいびき”のような、特殊な待ち合わせイメージではなく、いわゆる一般名詞である。

”トラック運転手の待ち合わせ場所”なんて名前のカフェも実際パリには存在するのである。
スポンサーサイト