FC2ブログ
2008.01.07

モンマルトルの坂

モンマルトル2

パリは、坂道が多い。一歩通行も多い。
モンマルトルはその最たる姿である。
進入禁止の万国共通の交通規則の看板から、その他の看板まで、あれやこれやと立ち並ぶ。

とにかく、この界隈は、道が狭く、坂が多く、階段も多く、そして、曲がりくねっていてわかりづらい。土地勘を掴んでしまえば、なんてことはない狭い範囲であるが、住んでいても、この界隈に縁がなければ、初めてのパリ旅行者同様、迷ってしまう。

モンマルトルの丘の上にたって、バルベ、アベッス、アンベール、ピガール、ブランシュ、ラマルク、ジュールジョフラン、シャトールージュなどのメトロ駅までの道筋が頭に描けないと、どこ頭では迷う。
モンマルトル内では、テルトル広場とサクレクールの位置関係は最低必須条件である。

もっとも、パリの地図(フランス語バージョンの本屋さんなどで売っているパリ全ての通りが載っている地図)のパリ・パー・アロンディスモンなどを持っていれば、迷ったところで、位置は確認できる。
交差点にでも出て、地図をクルクル回転させながらでも、交差点の位置関係と自分の位置関係がわかる人専用ではあるが・・・。女性でも、8割がたは大丈夫だろう、方向音痴といっても、音楽よりは地図の方が簡単だ。

ふと、迷い込んだ路地で、猫なんぞに出会う。
そんな、路地の角が、ここでユトリロの空気を吸う場所なのである。
スポンサーサイト



Posted at 14:27 | パリ雑記 | COM(0) | TB(0) |