FC2ブログ
2007.11.27

国立自然史博物館

国立自然史博物館

チケットを買う前から中の動物の骨が見えている。
ここ自然史博物館には、恐竜や、鯨、キリンなどあらゆる動物の骨が展示されていて、それらが皆同じ方向置かれているのだ。
古い建物の匂いと、白い骨の行列が過去の世界を思わせる。
頭蓋骨にくっきりあいた眼の穴が、黙ってこっちを見ているところを入っていく。
凄みがあって、足が動かなくなりそうだった。

最上階にはアンモナイトの化石があって、その大きさにはあいた口がふさがらなくなった。
こんな物が昔、海にいたなんて・・・・

過去に生きていた者達が、静かにそして存在感一杯に展示されていた。

名前からしてとてもお堅くつまらない博物館かなぁと思っていたが、次から次へと予想に反する物が展示されていて、とても楽しかった。
スポンサーサイト