FC2ブログ
2007.11.10

ノートルダム・ドゥ・ボンヌ・ヌーベル教会

ノートルダム・ドゥ・ボンヌ・ヌーベル教会

サン・ドニ門の辺りから、西南。雰囲気のある上り坂を登っていくと、この教会がある。
ちょっとした丘になっている部分で、この界隈の通りの雰囲気はいい。

グラン・ブールヴァール少し内側、シャルル5世の城壁をベースにこの教会が建っているらしい。

現在のものは、フランス革命の翌日に壊された後、再建されたものらしい。丘の頂上付近にあり、鐘楼がちょっとした個の界隈のアクセントになっている。

ファサードは2本の柱に支えられた、ローマ風でも、ゴシック風でもない教会だ。

この小さな丘にあるこじんまりとした教会の中に入っていくと、奥には絵が飾られている。そんなに高くない天井部分を見上げると、天井はしに沿って、そこにも絵が描かれているのが分かる。イエスが十字架を運ぶ絵や磔にされている絵などである。それが物語りになるよう順番に描かれている。

パリでもっとも短い通り、Rue de Degresもすぐ近く。
2区はゾーンによって様々な顔を見せるパリの古い部分だが、このボンヌヌーベルの丘?もパリのぶらり散歩にいいコースである。
スポンサーサイト