FC2ブログ
2007.09.16

巨像、「彫刻、何するものぞ

ブールデル

モンパルナスのタワーの影に隠れるように、その場所はあった。
ブールデル美術館。

巨像が、タワー以上の存在感で迫ってくる。

ベートーヴェンの、あの燃えるような髪の毛の像で有名なブールデル。
彼の巨像をまるで、休憩所、遊び場、毛繕い場所、と我が物顔に庭で、部屋で、休憩する。

この猫達が今のここのご主人様なのかもしれない。
スポンサーサイト



Posted at 04:07 | パリ雑記 | COM(0) | TB(0) |