2010.01.29

川とフランス

日本に流れている川は、街道を分断するように流れている。
島の中央に山があって、その周りにある狭い平野を川が横切るためだ。

しかし、欧州の場合、広い平野を川がゆったりと流れる。
だから、昔から川はエリアを分ける境目でもあり、交通路でもあった。

当然、町も川沿いに並んで出来てくる。

その昔、ヴァイキングもエルベ川、ライン川、セーヌ川、ロワール川、ガロンヌ川、ローヌ川と遡った。
そして、パリケルンを攻撃したのである。
アーヘンハンブルグロンドンもみな川沿いである。

そういった意味では、中国も洛陽長安も川沿いである。





また、境目としては、セーヌ川がケルトとゲルマンの境い目となっていたし、ノルマンの侵攻によって、結ばれた和睦もサン・クレール・シュル・エプト条約というが、エプトはエプト川である。
エプト、ウール、ディーヴの3つの川で囲まれた地域をフランスがノルマン(ヴァイキング)に割譲するのだが、これが、まさに、現在のオート・ノルマンディ地方そのものである。

エプト川というと、ここから水を引いて、庭に池を作ったのが、あの画家のモネであるが、エプト川がノルマンディの境い目であるのだから、モネの家がノルマンディのハズレ、イルドフランス地方を出たすぐのところにあるのは、エプト川から水を引いたということで、イメージつくわけである。
モネの家の最寄り駅ヴェルノンは、イルドフランス地方のカルトオランジュやナヴィゴのゾーン外になるというのは、その条約で決まったといえるかも知れぬ。西暦911年のことである。




そんなことを頭に入れつつ、現在の鉄道を見てみると面白い。
多くの鉄道は、当然町から町へと結んでいるわけだが、町は川沿いに出来たのだから、鉄道を結ぼうとすると、当然川沿いに列車が素って走ることが多いわけだ。
たとえば、トゥールーズからピレネー山脈山中のアンドラという免税天国の小国の間にアリエージュ川というガロンヌ川の支流があるが、ここも、ローカル線が走っている。これに乗っていけば、アンドラという国へいけるわけだ。


バスクのバイヨンヌへニーヴ川というのが流れているが、この上流にサン・ジャン・ピエ・ド・ポールという町がある。ここへも鉄道があるが、このニーヴ川沿いなのだ。


もちろん、セーヌを遡れば、ルアーブル、ルーアン、パリとあるし、鉄道は幹線である。
ボルドーからトゥールーズも同じく幹線が走っているが、これはいわゆるガロンヌ川沿いなのである。




そんなことを考えると、やはり我々は歴史の上に生きているのだと思わざるを得ない。
そんなに遠くない歴史であるはずの鉄道も、1000年単位で作られたこの星の上の歴史地図になぞるように線を引っ張っただけのことでしかない。


ローマ軍がリヨンという街を造ったのも、川が交わるところであったからであろう。
ローヌ川を遡上したローマ軍がガリア征服にこんな絶好の場所を逃すわけもない。
後世のリヨンの富も食も川あってのことだ。
いまや、この川沿い、ローマの軍隊が通過したところを、世界に誇るTGVが疾駆している。


急流下り越すに越されぬ大井川、川を渡ってきた我々と、川を移動してきた彼らと、そういった意識、文化の違いがあるのかも知れぬ。日本の橋の技術が世界一などといわれるのも、そんな所以かも知れぬ。
スポンサーサイト
2009.09.03

道標

090903
街中によく見かける、この道標。
当然、これが参考になるのだが、もういとどチェックしておこう。

この看板が大事なのは、街中心部ではない。車の一方通行に対応して、道標が出る(車用の道標だから仕方ない)ので、街中心部の場合、必ずしも最短経路と限らないことが多いのだ。
ただ、郊外の場合は、そのまま信じてもいいことが多いだろう。
もちろん、鵜呑みではなく、あくまで、地図や、何かでチェックした上でのことだが・・・。

もう一つは黄色の小さな道標である。
これ、いわゆる国道、県道、市道の番号である。

たとえば、写真なら、現在、D112D26交差点にいるのだ。
右に行ったら、D26がずっと先にありますよ!ではない。
右の道がすぐD26であるから、お間違えのないように。

この番号、NとかDとかAとか頭にアルファベットがつくわけだが、つくような通りは結構大きな通りで、路地裏ということはない。
もちろん、これは道路番号であって、通り名はまた別だ。
これも混同なきよう。


見ている地図によっては、この番号、徒歩の人にも大変たすかるので、ぜひ、こんな道標をイメージしておこう。もちろん、ここはフランス。全て、このようになってますか?ときかれても、全てがこのようではないでしょう、としか、言えぬが・・・。

写真の場合、右に行くと、エクーヴの森や運動公園、競馬場があることになる。
2008.06.03

むちゃくちゃ込む駅の切符売り場

boutiquesncf


駅の切符売り場は大変混雑する。曜日、時間によっては、1時間待ちも珍しくない。
待っている間に、乗りたい列車が行ってしまうなんて事も、当然起きている。

だから、先に買わせてくれ!とお願いする人も出てくるわけである。
これに乗らなきゃ、明日まで列車はないなんてことは、近郊列車でもなければ、十分にありえる。

前日までに切符を購入しておくことがベストだが、駅以外でも買える。
どの駅でも買える。

BoutiqueSNCF

フランス版街中の緑の窓口みたいなものだ。
写真は、16区パッシーのお店。

駅に比べれば並んでいないし、座って待てる。
窓口は少ないが、駅よりは早いことが多い。

微妙にイルドフランス地方を外れる、ジヴェルニーやシャンティなどの近郊行きでも買える。
ただ、イルドフランス地方の切符は買ったことがない・・・・。

巻尺のような番号札取りから紙を引っ張って取り、自分の番号が表示されたら、デスクへむかう。
駅に比べれば、楽チンである。前日までに行こう。
2008.05.30

駅に着いたら

地図


駅に着いたら、ホームからコンコースを通って、外に出て深呼吸。
ガイドブックを開いて、さあ出発!ではいけない。

駅には多くの情報が詰まっている。



日本で調べるだけ調べて、スケジュールを分単位で刻み、ガイドブックとネットからの印刷物と追われる時間に時計と睨めっこしながら、目的地の刊行物を目指す。

仕事を終わらすように、目的地をしらみつぶしにするのもいいが、目的と気まま半々の旅を推奨する。


駅には、多くの情報が詰まっている。
パリではけして手に入らない、郊外電車の時刻表や、観光パンフレット。
そして、到着した街の地図であったりする。

記憶しきれないものは、デジカメで撮影しておく。
デジカメは、取った画像を拡大縮小できるから、地図なんかも、ガイドブックより正確で、最新であり、観光局へ行って、紙の地図を手に入れるまでは重宝する。


訪れた街の周りに、意外ときれいな名所があったり、そこへ行くバスや鉄道が駅から出ていることも多い。
もしかして、次、訪れるときの資料もあるかもしれない。
そんなことも旅の楽しみの一つ。
2008.05.02

観光局で地図を手に入れる

003
まずは、地方へ行ったら、地図を手に入れることだ。
パリですら、おすすめする。

写真は、ニースのプロムナードデザングレを臨む丘であるが、ここは、エレベータでも登れるが、ブラブラと登っていくことも出来る。
途中にあったタイル。
たいしたことはない代物ではあるが、このおかげで、何となく、この丘への上り下りが旅の記憶として残っている。

そんなことをするために、まず観光局で地図を手に入れる。

観光局がどこにあるかは、駅やバスターミナルの地図で探す。
もちろん、ガイドブックに頼ってもいい。
でも、地元の地図を手に入れることだ。

観光局にも、地図上や地図の裏にも、多くのガイドブックにない現地の情報が載っている。
ただで手に入れられる、ガイドブックより濃い情報。
行かずばなるまい。
2008.04.18

アベイユ式旅のすすめ 01

モナコ海港

モナコの写真があって、モナコのことについて書くことがないという理由もあるが、気の向くままに旅のスタイルを提案してみよう。

はるか昔に、旅行会社のカウンターをしていたことがある。

そんなときに訪れた人の中に、欧州40日間60都市訪問という計画を持ってきた方がいた。
トーマスクックの時刻表を駆使しつつ、場所によっては、駅からダッシュで、写真を撮りに行くなんて事もしながら、記憶によれば、10数カ国の60都市を回るという計画であった。

お一人で行かれるようであった。すばらしい。
一人で行くのは賛成である。これだけ究極に旅程がたっていれば、連れて行かれるタイプの人間はしんどい。
旅程を立てるのが、旅の楽しみの半分というが、この計画も楽しかったろうし、達成感はひとしおだっただろう。

様々な旅行スタイルがある。

欧州の場合、
①できるだけ多くの場所を周ってくる。
②いくつかの都市を絞る。
③一箇所にまとめて滞在する。
となるのだろう。


① の人は、テクニック論となってくるので、移動手段の重要度は高い。観光は、要所を押さえて周るということになろう。
②の人には、移動を楽しむという人もあれば、イベントにあわせて移動という人もいる。
また、折角欧州、フランスへ行ったのだから、有名なところを抑えておきたいという方もいるだろう。
③ 人は、基本的にゆっくり観光したい人、または、観光より癒しを求めている人だったりするのだろう。南の島でなくても、こんな旅も可能である。

そんな中で、②と③型の人におすすめなのが、日にちや時間の枠だけ取って、目的で全てを埋めない旅である。
というのは、現地に行ってみて、はじめて得られる情報なんかがあるからだ。
ガイドブック、口コミ、政府観光局、ウェブなどで情報収集するわけだが、これだけでは得られない情報が、現地にある。

パリにある地方観光局
地方の現地の観光局
パリの本屋さんで、その地区のガイドを買う。

この3つで得られた情報(特に写真)なんかを参考にして、ぶらりと訪れてみる。

予定にないところへ訪れるから、予定にない街を経由し、予定にないハプニングに見舞われる。
これぞ、旅の醍醐味の一つといえるのではないか。

おんなじことは、実は日本国内でも言える。

どこどこへ行く日を、一日、どこかへ出かけてみる日にすると、旅の味付けはそこだけ色が変わる。結構楽しいのである。

2008.02.29

地方へ移動、地方から移動すべき曜日

モンペリエ駅

写真はモンペリエ駅に停車中のTGV。
この駅は、パリから来るTGVとニースやマルセイユ方面から来るTGVの双方が停車する。
パリのリヨン駅から、ニームを通って、カルカッソンヌやトゥールーズへ抜ける場合、ここで乗換となる事が多い。ニースからトゥールーズへ抜けるTGVへここで乗り換えるのだ。新幹線の乗り継ぎである。

トゥールーズなら、リヨン駅ではなく、モンパルナス駅からボルドーを通るアトランティック線で来たらよいのだが、カルカッソンヌだと、どちらまわりかは微妙。


地方へ行く場合、月曜日を移動日に当てるといい。もちろん、繁忙期の午前中ではなく、午後。
月曜は、美術館、博物館が休みが多い。パリだと、月曜と火曜に分散するが、田舎は月曜休みが圧倒的に多い。
もちろん、事前に調べられるのなら、目的地が何曜日休みかを調べておくべきではあるが、日曜よりも、月曜が死んだように眠っている観光地が結構ある。

土日を挟んで旅すると、25パーセント割引とか、二人一緒で往復すると25パーセント割引とか、今でもあるのだろうか?
昔は、全日空やJALではないが、早割り新幹線チケットなら、60パーセント割引という奴もあったが今はもう無い。

土日宿泊してきたら割引となるデクーヴェルト・セジュールが存在するのなら、もちろん帰りを月曜の午後に設定すべきである。
そんな割引が、もう存在しないのなら、月曜を行きか帰りにあわせればいい。

日帰り旅行も、できれば月曜でない方がいい。
もちろん、メインイベントの自己チェックは忘れずに。