FC2ブログ
2020.05.30

サンマウリツィオ教会の美しいパイプオルガン

パイプオルガンの上に二つの明かり窓がある。
丸くてかわいらしいのだが、おそらく、これ、下のパイプオルガンの扉を開いた時に、その扉裏の絵に光があたる照明になっているようですね。

それにしても、よく考えられてます。
全体像も、細かい所も、俯瞰してイメージできる人が設計するんでしょうね。
こういう仕事ぶりには、拍手を送り続けたいです。
サンマウリツィオ教会のパイプオルガン
居間から見えているキッチンとか、玄関の扉を開けた時に見えている奥の部屋の壁とか、たかがインテリアも、考えると奥が深い。

こうした建物は、建物自体が存在しないところがスタート。
最初に部屋に入ってみてイメージすることもできないでしょう。
プロトタイプを作るんですかね?
見事だと、なんだか、仕事の手順もちょっと知りたくなりますね。
スポンサーサイト



2020.05.14

ミラノの街角を曲がるトラム

環境音というのがあるそうだ。
喧騒というのも、騒がしいと書くが、環境音なのかしら?

自分は、環境音があるほうが集中できるし落ち着く。
だから、カフェや、図書館の方が、集中しやすい。
ラッザレット通りとチュニジア通りの交差点を曲がるトラム
街の中でも、好きな音がある。
トラムの行き交う音。
ベルや、鈴の音もそうだが、交差点を曲がる時の、金切り声のような音も、結構なお気に入り。
あの音が、颯爽とコーナーを曲がってゆくトラムを連想させるのだ。

そんな音のしそうな写真を撮りたい。
そう思って、交差点で撮ってみたが、これも、いつもながら、思い通りにいかない。

この記事書きながら、鉄道ファンに、音鉄という人たちがいることを、理解できた。
自分にもそういう部分があるんだね。
2020.04.30

サンマウリツィオ教会の小部屋の箱舟の絵

お隣の部屋にやってきました。
描かれている絵は、まったく宗教に疎い自分であっても、すぐにわかるノアの箱舟。
旧約聖書に書かれているお話であったとは思います。

旧約聖書とか、新約とか、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教との旧約聖書との関わり・・・。
そういったことはあまりに漠然とした情報しか持っていませんが、ノアの箱舟の話は、どこかで聞いています。
小さいころだとは思うんですが、どこでだったんでしょうね?
サンマウリツィオ教会のノアの箱舟
現在、コロナウイルスの洪水状態の地球ですが、地球規模のノアの箱舟ができるといいですね。
乗せるものは、ワクチン、経済対策、連帯意識、前向きな批判と寛容の心・・・。

さて、詳しくノアの箱舟話を知りはしません。
ここに、3面の絵が描かれているという事は、宗教画であることから、それぞれストーリーに合わせた絵が3枚描かれているのでしょう。
なかなかインパクトのある絵画の間でした。
2020.04.20

ミラノ・チェントラーレ ミラノ中央駅

ミラノのJCBプラザに寄り、教えていただいた金物屋さんで、自転車用のワイヤーキーを買い、どこかでゆっくりとお茶でもしようと。
本日、夜発の夜行列車”テロ”で、パリへ向かう。

乗った事のある人たちに聞くと、荷物を盗まれるなどの噂もあり、鍵で括り付けておこうという算段なのである。
ま、大したものも入っていないのに、ワイヤーで括り付けられている面倒くさい荷物は盗まれにくいだろう。
そう思ってことだ。
ミラノ 中央駅
ミラノの中央駅付近へ向かう。
バスがないか?と探してみると、どうやら、ある。

トラムに、メトロは載ったけれど、バスに乗っていないので、歩いても行けそうな距離ではあるのだが、バスで行ってみる。

駅前に到着すると、真っ青は空と、重厚な建物が印象的。
降りてすぐ、思わず一枚。
2020.04.09

サンマウリツィオ教会の小部屋の絵

チャペルにあたる小部屋のような場所も、3面絵に覆われている。
ここまでくると、教会にいる感じはせず、美術館にいるような気分になる。
サンマウリツィオ教会の小部屋
とにかく、壁の至る所、装飾されている。
2020.04.01

ミラノ 並ぶポスト

この大きさのポストなら、簡単に持って来れる。
ポストひとつでは足りなくなったから、もう一つ。
さらに足りず、もう一つ、追加。
近くに並べておけば、設置の大変さも、回収しやすさも、両立出来る。
3つ並ぶミラノの郵便箱
そんな理由で、ここに並んでいるのだとしたら・・・。
イタリアの人の気質を、この並びが、表しているのかもしれませんね。
日本なら、違う結果に、なりそうです。

2020.03.22

サンマウリツィオ教会 部屋全体

教会の内部のなかでも、壁の絵もさることながら、天井の造形もなかなかです。
偶然にも、人が少ないタイミングが訪れたので、広角で一枚撮れました。
サンマウリツィオ教会 部屋全体写真
細かい装飾と、アーチ、アーチ、アーチの連続。
部屋全体が網目模様のように見えます。