FC2ブログ
2019.02.22

マルセイユ旧港一望 デジタル一眼時代にもう一度

以前やってきたときも、カメラは持っていたのですが、当時は、まだデジタル一眼レフが出現する前だったと思います。
EOS5という一眼レフで写真を撮っていましたが、300㎜のレンズは持っていたはず。

今回も、300㎜までのズームレンズを持っていたのですが、この写真は、480㎜で撮れてます。
たいてい、僕らが買うような入門や中級クラスのカメラは、APS-Cといって、つけたレンズの焦点距離が、1・6倍になるからです。
昔から使っていたレンズは使えるのですが、より遠くまで撮れるということなんですね。
その結果、当時は撮れなかったような写真が撮れる。
マルセイユ旧港望遠一望
ところが、これが、広角になると、超広角レンズが1・6倍されてしまい、超ではない普通の広角になってしまうという、逆効果もあるんですね。

まあ、残念なことに、その当時のレンズを初めて買ったカメラにつけて使ってましたが、そのカメラとレンズたちも、次買ったカメラとレンズたちも、盗られちゃったんですけどね。
盗られたことで、新しく買ったレンズは、超広角が撮れるように改良されたものが出てました。
それすら一度盗られちゃったのですがね。

“せっかく”?盗られちゃったので、次は、もっと、望遠のズームレンズを手に入れてみましょうかね?
あっ、2度目の盗難は、広角レンズは失わずに済みましたので。
動画撮るアクションカメラは持ってかれましたが。

それにしても、マルセイユの港から、奥へ奥へ行くと、どんどんと丘になっていることが、写真でもわかりますね。
スポンサーサイト
2019.02.13

マルセイユ旧港 ファロ公園からファナルの塔と地中海文明博物館を望む

旧港の北側には、大きな城塞の壁がそびえる。
Fort Saint-Jean。
サン・ジャン要塞だ。さらに、ファナルの塔。
以前来た時と、当たり前だが変わらない。
その脇に、黒い真四角な箱がよこたわっている。
地中海文明博物館である。
これは、以前とは変化した部分。
マルセイユ
その博物館と、サン・ジャン要塞の間に歩道橋がある。
Passerelle Fort Saint-Jean。
パレセル・フォール・サン・ジャン。
サンジャン要塞歩道橋である。

この歩道橋やパニエ地区が、NamikaのJe ne parle pas françaisの動画で使われている。
この動画を見て、ちょっと、この橋から写真を撮ってみたいなと思ったりしたわけです。

ま、次行った時ですね。
2019.02.01

マルセイユ旧港 ファロ公園

旧港を眺められるポイントへやってきた。
随分前と違って、オブジェが飾られている。
どうやら、84ARCSというオブジェらしいが、アーチが84あるのだろうか?
マルセイユ
奥に見える宮殿は、ファロ宮殿。
ナポレオン3世が建てたそうだが、この皇帝は、街づくりが好きなんでしょうね。
パリの町の大改造も、ロンシャン競馬場も、ドーヴィルの街も、同じ時代。
アリーズ・サント・レーヌのヴェルサンジェトリクス像もそうですが、ナポレオン3世は、モニュメンタル好きですね。
2019.01.23

マルセイユ海岸散歩 海沿いのベンチ

写真右奥には、スポーツセンターが見えている。
もうすぐ、海岸通り散歩は、街中へと吸い込まれてゆく。
その最後とも言うべきあたりに、ベンチが並ぶ場所がポツポツとある。
マルセイユ
ただただ、青と白。
空、海を眺めながら、何するともなく座るベンチの画を一枚とって、旧港が見える方へと向かってゆく。
2019.01.10

マルセイユ 防波堤

望遠レンズで撮るからだろう。
なんとも、小さな防波堤が海に浮かんでいる。

だが、後で地図を見ると、結構真っすぐに伸びている防波堤なのだ。
イフ島と陸地の間を抜けてくる波をここで止めて、旧港へ入る水路を穏やかにしているようだ。
マルセイユ
写真を撮っているときには、防波堤というよりも、船が、浅瀬に乗り上げぬよう、ハッキリ見えるまで積み上げた人口岩礁のように感じていたのだが、そうではなかった。
そういう意味じゃ、写真ってのも、ずいぶんといい加減なイメージが出来上がるものだ。

まあ、そうしたレンズの特性のおかげで、いい雰囲気の写真が出来上がるわけだけどね。
2018.12.28

マルセイユ海沿い散歩 ブイの列

青い海に黄色のブイが浮かぶ。
青と黄色は反対色に近いから、かわいらしく目立ちますね。
しかも、灯台へ向けて並んでるし。
マルセイユ
ブイは、海上の道しるべなんでしょうね。
道路と違って、白線を引くわけにもいかないし、自由度の高いし、そこは見えないところだから、こうした表示は、ある意味、道路の線以上に、重要でしょうね。
空路なら、左右の他に、上下の差もかのうだけど、海に浮かぶ船に限れば、水面下に逃げるわけにもいかないですしね。

徐々に、マルセイユ海沿い散歩も終わりが近づき、街の風景も、望遠レンズに大きく映る世になってきました。
巨大な舟も、右奥に接岸しているようです。
こちらも、陸地を港へ近づいてゆきます。
2018.12.18

マルセイユ オッフ入り江の入口まで

前回、写真は撮ったが、体力不足か、オッフ入り江の海側へは行かなかったので、今回は、道路を渡って海側へ進出。
もちろん、その、アーチ橋を見ることができる。
マルセイユ
もともと、雑誌か何かで、オッフ入り江の写真を見たことが、ここへ行こうと思ったきっかけだった。
その写真は、入り江の内側で撮られた写真であったから、そちらばかりに気をとられていたということもあるのだろう。
でも、確かに、入り江の内側へ入っていかないと、鄙びた感じは撮れない。

白っぽく反射する石の建造物たちと青い空は、たしかにマルセイユっぽい。
だが、内へ入って切り取れば、あのマルセイユに、こんな、”漁村”らしきものが存在しているのか!と思うのだ。