FC2ブログ
2019.08.23

JFケネディ海岸通りから海越しイフ城とラトノー島

海沿いのドライブルート。
ここをウォーキングで海風に打たれてゆく。

遠くに見えるのは、イフ島とイフ城。
ケネディ海岸通りからイフ城
その向こうに見える要塞らしきものは、ラトノー島のものだと思われる。
望遠レンズのため、遠近が狭まり、イフ島の陸続きの山上にもう一つ建物があるように見える。
だが、隣の島だ。

こうしてみると、標高差がはっきり見て取れますね。
スポンサーサイト



2019.08.13

JFケネディ海岸通り 遊歩道

海岸通りには遊歩道が設置されている。
通りの海側であるから、もう、真隣は海。
ダヴィデ像から、マルセイユの旧港の地下鉄駅まで、海沿いを延々歩く散歩。
ざっと6キロから7キロだから、すたすた歩けば1時間半程度で、散歩にはちょうどいい。
JFケネディ海岸通りの海沿い歩道とレンガの足場
歩かない人には、そんな酔狂な!と言われそうだが、ランドネの国フランスでは、その程度は・・という程度。
当然、プロムナーやサイクリスト達とすれ違う、追い追い越されは、頻繁である。

海に突き出た廃墟上を遊歩道が行く。
2019.08.01

JFケネディ海岸通りから競馬場方面を望む

手前の緑の緑地は競馬場と公園ですね。
ボレリ公園とボレリ競馬場。
マルセイユ海岸競馬場方面風景
気になるのは、奥にある山塊の手前、森に生えるように立つアパート群。
森に刺さっているようにしか見えません。
むこうから見ると、公園と海が一望できるんでしょうね。
2019.07.23

JFケネディ大統領海岸通りのモザイクベンチ

マルセイユのボレリ公園から旧港への海岸通りは、JFケネディ大統領海岸通り。
この通りのボレリ公園に近い側に、遊歩道があり、ベンチがある。
そのベンチがモザイクタイル貼りになっている。
マルセイユ海岸通りのタイルのベンチ  全体像
海だからか、マルセイユだからか、水色が多い。
バルセロナのガウディが作ったグエル公園を彷彿させるベンチ列。
マルセイユ海岸通りのタイルのベンチ
その中には、結構文字もあるのだが、よく見て読んでみると、MARSEILLEマルセイユでした。
2019.07.11

マルセイユ アルジェリア戦争引き揚げ者のモニュメント

中学高校で、どの程度の歴史の勉強をしただろうか?
入試に出る出ないで、せいぜい、第二次世界大戦前まで。
戦後の歴史の勉強はほとんどしていない。
これは、今から何十年も前の、しかも自分たちだけなのかどうなのか?
いまの若者はするのだろうか?

マルセイユの海岸を歩いていると、オブジェがあった。
後で調べてみたら、どうやら、アルジェリア戦争で引き揚げてきたときのモニュメントらしい。
奥に見えるのはイフ城だ。
アルジェリア戦争引き揚げ者のモニュメント
1945年以降の歴史は、ほとんど知らない。
フランスも戦後、ベトナムとインドシナ戦争、アルジェリアとアルジェリア戦争と戦っている。
日本は、なんだか、戦前と戦後と完全に途切れてしまっている感もあるが、時間は流れている。
その間に起きた事実の上に、今の世界がある。

アルジェリア戦争、混乱、シャルルドゴールの政治復帰等々の単語的事実しかしらないが、このあたりを何か読んでおかないと、現況もきちっとりかいできないままになりそうだ。

2019.07.02

マルセイユの巨大クレーン

パリ近郊でも、よく見かけるクレーンは、たいていトリコロールカラーになっている。
赤、白、青だ。
フランスの国旗色だが、そもそも、赤と青は、パリの色。
パリサンジェルマンというサッカーチームのユニフォームもその色。
マルセイユ 巨大クレーン青黄色
マルセイユだからなのかどうか?
ブルーとイエローのクレーン。
黄色は、そもそも関係ないのだろうけど、注意すべきものであるからね。
青は、この町の色。
空も青かったので、マルセイユらしく感じたのかも・・・。
2019.06.21

マルセイユのダヴィデ像

今回のマルセイユ旅の最大の目的地は、マルセイユ・ボレリ競馬場。
いつもパリの競馬場での中継映像で、スタート地点の向こうに地中海が見えているのが気になっていたのだが、まだ行ったことがなかったからだ。
マルセイユには、もう一つ競馬場があり、それが、ポン・ドゥ・ヴィヴォー競馬場。
こちらは、行ったことがある。

今回はその双方に開催日があるため、ちょうどその中間地点に宿をとった。
そこが、ちょうど、マルセイユの阪神タイガースというべきか、オランピック・マルセイユの本拠地ヴェロドロームのあたりだった。
マルセイユ 海辺の交差点に立つダビデ像
パリから到着する、サン・シャルル駅から、地下鉄で一本。
降りる駅は、ロン・ポワン・デュ・プラド。
この駅は、バス路線も充実していて、ボレリ競馬場へも19番のバスですぐに行ける。

ここから、海に競馬場に向かって伸びている通りがプラド通り。
その海の突き当りに、このダビデ像が立っている。
ダビデ像を左に行けば競馬場、右に行けば、散歩で歩いた海岸道路、旧港へ向かう。

なぜ、ここに巨大なダビデ像?